Loading

「新入社員座談会」高校生から社会人へ、学校から会社へ― 僕たちが出合った「働く」発見

「新入社員座談会」高校生から社会人へ、学校から会社へ― 僕たちが出合った「働く」発見

「新入社員座談会」高校生から社会人へ、学校から会社へ― 僕たちが出合った「働く」発見

2019年春に第一建設に入社した社会人1年生たち。
彼らが仕事で出合ったさまざまな発見とは―

建設担当/ 2019 年入社 高校時代は陸上部で部活に熱中!憧れの財布を、初めてもらったお給料の記念に買いました
建設担当/ 2019 年入社 高校時代はソフトテニス部。初めてのお給料で祖父母にご馳走しました。

企業見学は情報収集プラス自分の気持ち確認。

数ある建設会社から第一建設を選んだ理由を教えてください。

谷口:二人とも同じ高校の土木科。建設業志望だったけど、就職先について具体的に考えなかったなぁ。

村上:そうそう、高校時代は部活動ばっかりだったから。企業見学で初めて第一建設に来たんだよね。

谷口:現場がとてもキッチリ整理されていて、びっくりした。こういうところに気を配る会社なんだと思った。

村上:建設業は現場仕事というイメージが強い。第一建設は「施工管理」、現場監督がめざせる会社だと知って嬉しかったな。高校で勉強したことが生かせると思う。

谷口:どんな会社なのか、高校生が情報を集めるのは難しいよ。僕は企業見学で実際の現場を見て、自分の気持ちが確かめられて良かったと思う。

新入社員座談
新入社員座談

徹底された整理整頓に見た安全管理への厳しい姿勢。

入社して最初にビックリしたことは?仕事って厳しいなと感じたことは?

村上:申請書などを作成するためにパソコン作業が想像以上に多いこと。管理者をめざすならデスクワークも覚えなきゃいけない。

谷口:現場仕事だけじゃないというのは実感。パソコンは学校時代に覚えておいた方がいい。

村上:先輩たちに怒られることは、ほとんどない。見守ってくれているのかも。ただ、建設会社として事故防止のルールは細かく厳しく決められている。

谷口:すべて安全管理のためだから守らなきゃ。作業姿勢や作業の手順、それに現場の整理整頓も安全管理のためだと理解しているよ。

第一建設事務所での打ち合わせ
建築現場へ出発

合言葉は「今日も一日、ご安全に!」現場に行ってきます!

プライベートの充実が次のやる気につながっていく。

社会人になって生活スタイルは変わりましたか?休日の過ごし方を教えてください。

谷口:高校生の頃は、休日はずーっと部活動だった。社会人になって休日を楽しめるようになった気がする(笑)

村上:僕も部活動オンリーだった(笑)今はショッピングやカラオケに行って、意識してリフレッシュするようにしてる。

谷口:好きな旅行の計画を考えていると楽しいし、仕事に対しても自然と積極的になるんだ。

村上:先輩から教わった「休むことも仕事のうち」という意味が少しわかってきたかも。オン・オフをしっかり作ることの大切さというか。

谷口:プライベートでの目的が仕事のやる気につながるのかもしれないね。

第一建設 本社エントランス
第一建設 社員食堂

本社エントランスと社員食堂はみんなのお気に入り

3年後の自分に質問 自分主導で動いているかい?

3年後にめざす自分の姿、社会人としての目標を教えてください。

谷口:業者さんに何か質問されても、知らなくて答えられないことばかり。まずは知識や技術を身に着けることだよね。

村上:僕は少しずつ何かの役割を任せてもらえるようになりたい。3 年後には自分から動けるようになっていないと…。

谷口:実は先輩に教わりながら設計書の勉強を始めたんだ。いつかは自分で設計書から完成まで手がけられるといいなあ。

村上:指示を受けて動くことで精いっぱい、というところから早く卒業したい。先輩たちを追いかけて、自分たちの目標を実現させていこうよ。

先輩社員に指導してもらいます。
旅行の様子

社内行事や指導を通じて先輩社員とコミュニケーション